2020卒の就活、今まで通り学生有利ってことでいいですか?!

2020卒の就活、今まで通り学生有利ってことでいいですか?!

年々上昇する求人倍率。ニュースでも、「売り手市場が続く新卒採用」といった言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。3回生向けにはじまった就職ガイダンスでも、「企業の求人意欲は2020年も引き続き活発です」とアナウンスされていると聞きます。
9月に入り、大学の4回生の先輩たちも、10月1日に多く開催される内定式に向けて、最終的に入社する会社が決まった人がほとんどではないかと思います。

その一方、気になるニュースが飛び込んできました。

「8月1日時点の大学生の内定率は、男子が89.8%で前年同月を7.7ポイント上回った。一方、女子は86.0%で同0.8ポイントとわずかながら減少。女子は7月1日時点でも前年を2.7ポイント下回っている。内定率が前年を下回ったのは、2016卒を対象として3月にエントリーが解禁となる採用日程になって以来、初めてのこと。就職みらい研究所によると、女子学生に人気の高い一般職は6月半ば以降に内定を出す企業が多く、メガバンクを中心に一般職の採用が減った影響があるのではと推測している。」

「え!?学生有利なんじゃないの!?」とショックを受けた女子学生のみなさん、「来年は全体の就職率も下がってしまうのでは…?」と不安になった男子学生のみなさんに、この数字の「カラクリ」をお伝えします。

就職情報会社の「就職内定率」は、全大学生の平均的な数字ではない

皆さんが気になる「就職内定率」。さきほどの調査は、就職活動をするほぼすべての学生が利用すると言っても過言ではない「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが毎年調査しています。この調査、「リクナビ会員全員に、アンケートを取っている」と誤解している方が、少なくありません。

実はこのリクナビをはじめとして、キャリタスなど大手就職情報会社がプレスリリースし、ニュースでも取り上げられる「就職内定率」は、1000人~3000人程度の「モニター」学生を対象に集計したものです。もちろん、統計学的に必要最低限の数はクリアできるように集められていること、ある程度全国的なバランスがとれるように、所在地のバランスをとっていることは間違いありません。

しかし、この「モニター」の募集期間、ほとんどが「本サイト」と呼ばれる3月1日にオープン後には設定されていません。多くの就職サイトが、6月1日から「プレサイト」「インターンシップサイト」という名称で、先行して会員集めをします。その、プレサイト上で、告知・募集されるのが「就職内定率」の調査データの元になる学生の「母集団」になります。

「就活はじまるのって、3月からでしょ?」「バイト忙しいし、インターンはちょっと無理かも~」といった「普通の学生さん」や、そもそもインターンシップなんてほとんど開催のない地方の学生さんは、モニター学生にはほとんど含まれません。また、自主的に調査に協力する方は、もともと就職意識が高い傾向があります。

これらの「就職意識の高い学生さん」のうち、実は女子学生の方で、「大手企業の一般職で入社したい!総合職も、一応受けておくけど本命は一般職!!」という方が少なくありません。「まじめで、手堅い就職を考えているからこその大手の一般職」という学生さんたちです。
就職環境が厳しい、と言われているときは、先行して始まる総合職で内定を得ようと活動する人が増えるのですが、「景気がいい」と言われている今、「一般職一本狙いで6月まで待機してしまった」という学生さんが増えているような印象があります。

景気が良くなっているからこそ、企業は「総合職として活躍してくれる人材」を求めて愛用活動をしています。メガバンクのように毎年大量の一般職を採用してきた業種がこれから増える見込みは、景気動向に関わらず低いままと考えてください。

「就活シェアハウス、CREWSO」2020卒の方向けの受付がはじまりました!

「就活シェアハウス、CREWSO」は、JR神戸本線塚本駅徒歩4分の便利な場所にできた、仕事を考えるすべての若者のための「就活シェアハウス」。

「そんなに就活に熱心にならなくても、それなりにいいところに就職できるって聞いたけど…?」という人は、就活シェアハウスでは少数派。

「働くということに、真剣に取り組みたい」「自分にとって、この会社がベストと思える会社に出会いたい」そんな風に考えているなら、ぜひ同じように「最高の就活」を志す仲間との横のつながりと、「関西で働きたい若者を応援したい!」という「就活シェアハウス、CREWSO」を支援するオトナたちとの縦のつながりを利用してください!

会社経営者やキャリアコンサルタント、人事採用担当、大企業に内定し、若手社会人として活躍している今までの「就活シェアハウス、CREWSO」卒業生とも交流する機会があります。

そんな経験もコミコミで、月額家賃が¥40,000、敷金・礼金不要。光熱費・Wi-Fiなどのインフラ料も含まれています。家具・家電も用意されているから、大きな出費は必要ありません。大阪駅までたった一駅160円の距離。各大学キャンパスにもアクセスしやすい場所にあります。

「3回生のキャンパス移転タイミングで」「将来の就活に向けて今から準備しておきたい1回生」「留学帰国後の引越し先を悩んでいる」など、「仕事を考えるすべての若者」のために、「就活シェアハウス、CREWSO」はいつでもご利用をスタートしていただけます。

本格的に引っ越しをする前に、実際に利用してみたいなら、1泊1500円での短期宿泊も可能です。お問い合わせをお待ちしています!

#関西 #就活 #就職活動 #2020